饂飩コーディング

iOSアプリやら、Unityやら、Cocos2dやらごにょごにょ書いております

アレクサお願い!!IFTTTでメールして!!!

IFTTTをいじって、アレクサに「アレクサ!テスト送信をトリガー!!!」
で自分宛にメールを送ってみよう。
amazonへの接続等は初めての場合はパスワード要求されるかな)

f:id:appdeappuappu:20200526094903j:plain
f:id:appdeappuappu:20200526094925j:plain
f:id:appdeappuappu:20200526094953j:plain
f:id:appdeappuappu:20200526095056j:plain
f:id:appdeappuappu:20200526095111j:plain
f:id:appdeappuappu:20200526095125j:plain
f:id:appdeappuappu:20200526095141j:plain
f:id:appdeappuappu:20200526095157j:plain
f:id:appdeappuappu:20200526095212j:plain
f:id:appdeappuappu:20200526095227j:plain

ここまでできたら
「アレクサ!テスト送信をトリガー!!!」
f:id:appdeappuappu:20200526100855j:plain


自分宛にしかメールできないのと
パラメータを渡せないのでこれだけでは
活用しにくいけど、それはそれでなんとかしましょう。


「〜をトリガー!」ってのがうざい場合は
Alexaアプリで定型アクションを作ってそこでこのIFTTTの
設定を起動するようにすればOK!

ESP8266からPHPにGETしてmySQLからのJSONデータをParseする

件名が長ったらしいですが、一連の流れが表れています。w
概要
1、PHPでデータベーステーブルに接続してSelect文を投げてからfetchしたデータを
  連想配列に突っ込んでJSONエンコードする。
2、ArduinoIDEでArduinoJsonをインクルードして1のphpにアクセスしてJSON
  受け取りParseする
3、Arduinoで分割した受け取りデータを分岐させて活用する。
  リモコンでもいいし、リモコンの送信データでも如何様にでも〜

注意
 Arduino公式が出してるJSONライブラリもある
 ArduinoJson5、ArduinoJson6があって古いネット情報では5の情報が多い
 この記事は6でやってるよ。


参考サイト
arduinojson.org
arduinojson.org
http://arduinojson.org/example.json
↑上記二つのリンクで使うJSONデータ



それでは実装してみましょう

順番は概要とは違いますが、ArduinoIDEでのコーディングから
RecieveJsonFromPhp.ino

#include <ESP8266WiFi.h>
#include <ESP8266HTTPClient.h>
#include <ArduinoJson.h>
/* Set these to your desired credentials. */
const char *ssid = "使えるSSID";  //ENTER YOUR WIFI SETTINGS
const char *password = "WIFIのパスワード";

void setup() {
  // put your setup code here, to run once:
  delay(1000);
  Serial.begin(115200);
  WiFi.mode(WIFI_OFF);        //Prevents reconnection issue (taking too long to connect)
  delay(1000);
  WiFi.mode(WIFI_STA);        //This line hides the viewing of ESP as wifi hotspot
  
  WiFi.begin(ssid, password);     //Connect to your WiFi router
  Serial.println("");

  Serial.print("Connecting");
  // Wait for connection
  while (WiFi.status() != WL_CONNECTED) {
    delay(500);
    Serial.print(".");
  }
  //If connection successful show IP address in serial monitor
  Serial.println("");
  Serial.print("Connected to ");
  Serial.println(ssid);
  Serial.print("IP address: ");
  Serial.println(WiFi.localIP());  //IP address assigned to your ESP
}

void loop() {
  // Send request
    HTTPClient http;    //Declare object of class HTTPClient
    http.useHTTP10(true);
    //http.begin("http://arduinojson.org/example.json");//←これは参考にするJSONを返すURLです
    http.begin("ここにあなたが作ったJSONを返すPHPのURLを記述します");
    http.GET();

    // Parse response
    DynamicJsonDocument doc(2048);
    deserializeJson(doc, http.getStream());

    // Read values
    const char* id_recieve = doc["id"];
    Serial.println(id_recieve);
    int ondo_recieve = doc["ondo"];
    Serial.println(ondo_recieve);
    const char* time_recieve = doc["zikan"];
    Serial.println(time_recieve);

    http.end(); 
    delay(10000);
}

JSONを返すPHP

<?php
// データベースに接続するために必要なデータソースを変数に格納
  // mysql:host=ホスト名;dbname=データベース名;charset=文字エンコード
$dsn = 'mysql:host=サーバドメイン;dbname=データベース名;charset=utf8'; 
  // データベースのユーザー名
$user = 'データベースユーザー名';
  // データベースのパスワード
$password = 'データベースへのアクセスパスワード';
// tryにPDOの処理を記述
try {
  // PDOインスタンスを生成
  $dbh = new PDO($dsn, $user, $password);
// エラー(例外)が発生した時の処理を記述
} catch (PDOException $e) {
  // エラーメッセージを表示させる
  echo 'データベースにアクセスできません!' . $e->getMessage();
  // 強制終了
  exit;
}

$sth = $dbh->prepare("SELECT文をここに入力!"); //SQLを準備
$sth->execute();                                   //SQLを実行

//$stest = $dbh->query($sql);

$userData = array();                               
while($row = $sth->fetch(PDO::FETCH_ASSOC)){        //SQLで取得したデータ($sth)から連想配列でフェッチして$rowに一行づつ入れる
    $userData[]=array(
    'id'=>$row['id_number'],
    'ondo'=>$row['temperatureField'],
    'zikan'=>$row['hizuke'],
    );
}

//print_r ($userData);                                //print_rで配列の中身を表示する(確認用後に削除する)

//echo "<br>";

//jsonとして出力
//header('Content-type: application/json');           //ヘッダの作成(JSON出力の明確化)
echo json_encode($userData[0]);                        //ユーザーデータ配列をJSON化!!!
//echo addslashes(json_encode($userData[0])); //配列0にしているのはselectデータの最初だけをJSONするため
//echo addslashes(json_encode($userData));     //addslashesはダブルコーテーションをバックスラッシュでエスケープする場合
//echo json_encode($sth); 
//var_dump(json_encode($userData));
?>
作成されるJSONデータ
{"id":"55","ondo":"54","zikan":"2020-05-22 14:53:06"}

id=連番
ondo=センサーからの温度
zikan=レコード作成時間
お好みでPHPやらデータベスのテーブルを作ってJSON作成してください。

スケッチを実行するとWifiにつながってURL投げてJSONゲットしてParseしてSerialPrintしてこうなります。

f:id:appdeappuappu:20200523101230p:plain
シリアルモニター

ESP8266からPHPにPOSTしてmySQLを更新する

概要
1、PHPでPOSTデータを受け取れるようにコーディングする。例えば温度データを受け取るとか
  その中で該当テーブルにSQLを投げてレコードを追加する。
2、ESP8266から上記phpにポストする。
その他 データベースのテーブルカラムは以下の感じでIDをオートインクリメント、時間はレコード作成時間
    にしておくと楽。(何も考えてない・・・w)
テーブルはこんな感じで!↓

f:id:appdeappuappu:20200523104037p:plain
テーブル例

/*
#include <ESP8266WiFi.h> 
#include <ESP8266HTTPClient.h>

/* Set these to your desired credentials. */
const char *ssid = "SSID";  //ENTER YOUR WIFI SETTINGS
const char *password = "パスワード";

//Web/Server address to read/write from 
//const char *host = "xxxxxxxx.さくら.net";   //https://circuits4you.com website or IP address of server

//=======================================================================
//                    Power on setup
//=======================================================================

void setup() {
  delay(1000);
  Serial.begin(115200);
  WiFi.mode(WIFI_OFF);        //Prevents reconnection issue (taking too long to connect)
  delay(1000);
  WiFi.mode(WIFI_STA);        //This line hides the viewing of ESP as wifi hotspot
  
  WiFi.begin(ssid, password);     //Connect to your WiFi router
  Serial.println("");

  Serial.print("Connecting");
  // Wait for connection
  while (WiFi.status() != WL_CONNECTED) {
    delay(500);
    Serial.print(".");
  }

  //If connection successful show IP address in serial monitor
  Serial.println("");
  Serial.print("Connected to ");
  Serial.println(ssid);
  Serial.print("IP address: ");
  Serial.println(WiFi.localIP());  //IP address assigned to your ESP
}

//=======================================================================
//                    Main Program Loop
//=======================================================================
void loop() {
  HTTPClient http;    //Declare object of class HTTPClient

  String postData,watasuData;
  //int adcvalue=analogRead(A0);  //Read Analog value of LDR
  //ADCData = String(adcvalue);   //String to interger conversion
  //station = "A";

  //Post Data
  int watasuValue = 54;
  watasuData = String(watasuValue);
  //postData = "status=" + ADCData + "&station=" + station ;
  postData = "ondoDataPara=" + watasuData ;
  
  http.begin("http://xxxxxx.さくら.ne.jp/ほにゃらら.php?");              //Specify request destination
  http.addHeader("Content-Type", "application/x-www-form-urlencoded");    //Specify content-type header

  int httpCode = http.POST(postData);   //Send the request
  String payload = http.getString();    //Get the response payload

  Serial.println("*****");
  Serial.println(httpCode);   //Print HTTP return code
  Serial.println("*****");
  Serial.println(payload);    //Print request response payload
  Serial.println("*****");

  http.end();  //Close connection
  
  delay(10000);  //Post Data at every 5 seconds


  
}
//=======================================================================
<?php

$uketoriOndo = $_POST['ondoDataPara'];

// データベースに接続するために必要なデータソースを変数に格納
  // mysql:host=ホスト名;dbname=データベース名;charset=文字エンコード
$dsn = 'mysql:host=mysqlxxxx.db.xxxxx.ne.jp;dbname=データベース名;charset=utf8';
  // データベースのユーザー名
$user = 'データベースアクセスユーザー名';
  // データベースのパスワード
$password = 'アクセスパスワード';
 
// tryにPDOの処理を記述
try {
  // PDOインスタンスを生成
  $dbh = new PDO($dsn, $user, $password);
// エラー(例外)が発生した時の処理を記述
} catch (PDOException $e) {
  // エラーメッセージを表示させる
  echo 'データベースにアクセスできません!' . $e->getMessage();
  // 強制終了
  exit;
}


// SELECT文を変数に格納
$sql = "INSERT INTO テーブル名 (temperatureField) VALUES ($uketoriOndo)";
// SQLステートメントを実行し、結果を変数に格納
$stmt = $dbh->query($sql);
 
?>

esp8266(ESP wroom-02) を秋月電商の通販で買ってみた ハンダつけたりIDE設定してみたり Lチカしたり

f:id:appdeappuappu:20200521150842j:plain
wroom02
akizukidenshi.com

f:id:appdeappuappu:20200521150921j:plain
ピッチ変換基板
akizukidenshi.com

f:id:appdeappuappu:20200521151255j:plain
USBシリアル変換モジュール
akizukidenshi.com


購入したのは上記三点!
注文から中3日で手元に届きました。AmazonPrimeに慣れていると遅く感じますがコロナの影響もあるし
そのくらいが普通ですよね。

でお値段!
Wroom-02(ESP8266) ¥250
ピッチ変換基板        ¥120
USBシリアル変換モジュール  ¥850

USBシリアル変換モジュールを別にすると¥370円!!これでWifiにつながってArduinoっぽく使いまわせる。
ならお得かもですね。
秋月で大量買いするほど電子工作に慣れていないので送料¥400円を電車賃と考えるとそれはそれでOKですかね。

早速ハンダ付け!ハンダ盛りすぎましたもっと少なくていいみたいですね。

f:id:appdeappuappu:20200521153627p:plain
ハンダ下手すぎ

とりあえず、ATコマンドで通電確認しました!
シリアルモニタからAT+GMRでモジュールのバージョンが表示されていたのでOKでしょう。
(マルチテスター持ってないのでそもそも通電確認したことがないw)


回路の繋げ方等々はこちらの記事を参考にさせていただきました。
めちゃ整理されてて色々検索してたんですが、一発目でこちらの記事にぶち当たりたかったw

sucher.net


ここで少し疑問が・・・
今回購入したUSBシリアル変換モジュールはEsp8266が3.3V入力だったので
ディプスイッチで3.3Vと5Vを切り替えできると思って購入したのですが、なんと!

f:id:appdeappuappu:20200521160306j:plain
気になることが・・・

信号電圧が切り替えられるってだけでした・・・電源が3.3Vで出力できてるわけではなかった・・・
そのうちEsp8266が壊れるかもですね。まぁ安いしその時はその時で


それでは
Arduino IDE側の設定を!
環境設定で↓を
http://arduino.esp8266.com/stable/package_esp8266com_index.json
追加して→ボードマネージャからESP8266を追加インストールする。

ツール設定は以下のように!!

f:id:appdeappuappu:20200521161047p:plain
ツール設定

さてLチカのスケッチを以下の感じで書いてみましょう。

void setup() {
  // put your setup code here, to run once:
  //test
  pinMode(16, OUTPUT);
  Serial.begin(9200);
  Serial.println("Lチカ開始します");

}

void loop() {
  // put your main code here, to run repeatedly:
  digitalWrite(16, HIGH);   // LED ON
  Serial.println("On!");
  delay(1000);              
  digitalWrite(16, LOW);    // LED OFF
  Serial.println("Off!");
  delay(1000);              
}

コンパイルしてみると!!!!
コンパイルエラー!発生!!????
Python3で鍵使って署名してるみたいなんだけどその時のリンクが見つからないとか
ウンタラカンタラ・・・

解決方法は
github.com
小一時間ネットをさまよって、サラーっと読んでたら!あ!!!これじゃん!って
本当Github最高!


さてESP8266の書き込みモードは
www.switch-science.com
↑ここにあるように、
「モード切替ボタンはIO0番ピンにつながっています。ボタンを押すとIO0がLOW、放すとIO0がHIGHになります。IO0がHIGHの状態でリセットされるとファームウェアの実行モードで起動しますが、IO0がLOWの状態でリセットされるとファームウェアの書き込みモードで起動します。」

ということなので、
1、リセットボタンを押したままにする
2、IO0ボタンを押したままにする
3、リセットボタンを放す
4、IO0ボタンを放す
で書き込みモード突入!
5、IDEから実行バイナリを書き込み
6、リセットボタンを押して放してプロブラム実行モードにする


無事にコンパイルできたんで、ESP8266に書き込んでLチカできました!

あとでこのブレッドぼーどをユニバーサル基板作り直しておこうか
考え中。

UNOをスリープさせてみる

まずは以下を一通り読んでみる。
playground.arduino.cc
Forumの中のPlayGroundにある記事なのだが以下の4点を把握できる。

1、スリープにもいくつかモードがありIDOLはカウンターを停止させないとすぐにスリープ解除されてしまう
2、外部割り込みのPINは決まっている(2Pinor3Pin)
3、スリープ前にLED等は消灯(電力消費停止)しておかないとスリープしてもLEDは点灯したまま
4、スリープの仕方も複数あるらしく古いやり方もあってWEB上には混在している。

具体的には上記記事のサンプルを使ってみましょう

#include <avr/sleep.h>
 
/* Sleep Demo Serial
 * -----------------
 * Example code to demonstrate the sleep functions in an Arduino.
 *
 * use a resistor between RX and pin2. By default RX is pulled up to 5V
 * therefore, we can use a sequence of Serial data forcing RX to 0, what
 * will make pin2 go LOW activating INT0 external interrupt, bringing
 * the MCU back to life
 *
 * there is also a time counter that will put the MCU to sleep after 10 secs
 *
 * NOTE: when coming back from POWER-DOWN mode, it takes a bit
 *       until the system is functional at 100%!! (typically <1sec)
 *
 * Copyright (C) 2006 MacSimski 2006-12-30
 * Copyright (C) 2007 D. Cuartielles 2007-07-08 - Mexico DF
 *
 *  This program is free software: you can redistribute it and/or modify
 *  it under the terms of the GNU General Public License as published by
 *  the Free Software Foundation, either version 3 of the License, or
 *  (at your option) any later version.
 *
 *  This program is distributed in the hope that it will be useful,
 *  but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
 *  MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the
 *  GNU General Public License for more details.
 *
 *  You should have received a copy of the GNU General Public License
 *  along with this program.  If not, see <https://www.gnu.org/licenses/>.
 *
 */
 
int wakePin = 2;                 // pin used for waking up
int sleepStatus = 0;             // variable to store a request for sleep
int count = 0;                   // counter
 
void wakeUpNow()        // here the interrupt is handled after wakeup
{
  // execute code here after wake-up before returning to the loop() function
  // timers and code using timers (serial.print and more...) will not work here.
  // we don't really need to execute any special functions here, since we
  // just want the thing to wake up
}
 
void setup()
{
  pinMode(wakePin, INPUT);
 
  Serial.begin(9600);
 
  /* Now it is time to enable an interrupt. In the function call
   * attachInterrupt(A, B, C)
   * A   can be either 0 or 1 for interrupts on pin 2 or 3.  
   *
   * B   Name of a function you want to execute while in interrupt A.
   *
   * C   Trigger mode of the interrupt pin. can be:
   *             LOW        a low level trigger
   *             CHANGE     a change in level trigger
   *             RISING     a rising edge of a level trigger
   *             FALLING    a falling edge of a level trigger
   *
   * In all but the IDLE sleep modes only LOW can be used.
   */
 
  attachInterrupt(0, wakeUpNow, LOW); // use interrupt 0 (pin 2) and run function
                                      // wakeUpNow when pin 2 gets LOW
}
 
void sleepNow()         // here we put the arduino to sleep
{
    /* Now is the time to set the sleep mode. In the Atmega8 datasheet
     * https://www.atmel.com/dyn/resources/prod_documents/doc2486.pdf on page 35
     * there is a list of sleep modes which explains which clocks and
     * wake up sources are available in which sleep mode.
     *
     * In the avr/sleep.h file, the call names of these sleep modes are to be found:
     *
     * The 5 different modes are:
     *     SLEEP_MODE_IDLE         -the least power savings
     *     SLEEP_MODE_ADC
     *     SLEEP_MODE_PWR_SAVE
     *     SLEEP_MODE_STANDBY
     *     SLEEP_MODE_PWR_DOWN     -the most power savings
     *
     * For now, we want as much power savings as possible, so we
     * choose the according
     * sleep mode: SLEEP_MODE_PWR_DOWN
     *
     */  
    set_sleep_mode(SLEEP_MODE_PWR_DOWN);   // sleep mode is set here
 
    sleep_enable();          // enables the sleep bit in the mcucr register
                             // so sleep is possible. just a safety pin
 
    /* Now it is time to enable an interrupt. We do it here so an
     * accidentally pushed interrupt button doesn't interrupt
     * our running program. if you want to be able to run
     * interrupt code besides the sleep function, place it in
     * setup() for example.
     *
     * In the function call attachInterrupt(A, B, C)
     * A   can be either 0 or 1 for interrupts on pin 2 or 3.  
     *
     * B   Name of a function you want to execute at interrupt for A.
     *
     * C   Trigger mode of the interrupt pin. can be:
     *             LOW        a low level triggers
     *             CHANGE     a change in level triggers
     *             RISING     a rising edge of a level triggers
     *             FALLING    a falling edge of a level triggers
     *
     * In all but the IDLE sleep modes only LOW can be used.
     */
 
    attachInterrupt(0,wakeUpNow, LOW); // use interrupt 0 (pin 2) and run function
                                       // wakeUpNow when pin 2 gets LOW
 
    sleep_mode();            // here the device is actually put to sleep!!
                             // THE PROGRAM CONTINUES FROM HERE AFTER WAKING UP
 
    sleep_disable();         // first thing after waking from sleep:
                             // disable sleep...
    detachInterrupt(0);      // disables interrupt 0 on pin 2 so the
                             // wakeUpNow code will not be executed
                             // during normal running time.
 
}
 
void loop()
{
  // display information about the counter
  Serial.print("Awake for ");
  Serial.print(count);
  Serial.println("sec");
  count++;
  delay(1000);                           // waits for a second
 
  // compute the serial input
  if (Serial.available()) {
    int val = Serial.read();
    if (val == 'S') {
      Serial.println("Serial: Entering Sleep mode");
      delay(100);     // this delay is needed, the sleep
                      //function will provoke a Serial error otherwise!!
      count = 0;
      sleepNow();     // sleep function called here
    }
    if (val == 'A') {
      Serial.println("Hola Caracola"); // classic dummy message
    }
  }
 
  // check if it should go to sleep because of time
  if (count >= 10) {
      Serial.println("Timer: Entering Sleep mode");
      delay(100);     // this delay is needed, the sleep
                      //function will provoke a Serial error otherwise!!
      count = 0;
      sleepNow();     // sleep function called here
  }
}

ESPr Developer 32でリモコンを作ってみる

GitHub - z3t0/Arduino-IRremote: Infrared remote library for Arduino: send and receive infrared signals with multiple protocols]github.com

Githubからライブラリをダウンロードして
/書類/Arduino/libraries
に解凍したフォルダを移動する。
(UNOの時に使ったオリジナルライブラリはESP32系はどうさ対象外で、フォーク版を公開してくれている方がいるのでそちらを使います。)


Pin4に赤外線LEDをつなげる(←ここ大切 )
Pin13にタクトスイッチ をつなげる

#include <IRremote.h>

int SwitchBUTTON_PIN = 13;  //タクトボタン
int SEND_PIN =4;      //赤外線発信LED PRO Mini = 4
//int SEND_PIN =3;      //赤外線発信LED UNO=3

IRsend irsend(SEND_PIN);


void setup()
{
  Serial.begin(115200);
  pinMode(SwitchBUTTON_PIN, INPUT_PULLUP);
}

int lastButtonState2;
void loop() {
  //////////////////////////////////////////////////////////
  // If button pressed, send the code.
  int buttonState2 = digitalRead(SwitchBUTTON_PIN);
  if (buttonState2 == LOW && lastButtonState2 == HIGH) {
    Serial.println("SwitchButton Pressed, sending");
    //2FD946B //丸ごとチャンネル
    //2FD807F //chanenl 1 
    irsend.sendNEC(0x2fd946b, 0x20);
    delay(500); // Wait a bit between retransmissions
  } 
  lastButtonState2 = buttonState2;
  //////////////////////////////////////////////////////////
}

ちなみに上記コードの2FD946B 丸ごとChは下CT-90475(REGZA純正リモコン)の左上にある
ボタンを意味しています。
互換リモコン買ったんですがこのボタンが実装されてなくてならば作ってしまえ!
ということでこの記事書いてます。

UNOでリモコンを作ってみる

GitHub - z3t0/Arduino-IRremote: Infrared remote library for Arduino: send and receive infrared signals with multiple protocols
Githubからライブラリをダウンロードして
/書類/Arduino/libraries
に解凍したフォルダを移動する。


Pin3に赤外線LEDをつなげる
Pin13にタクトスイッチ をつなげる

#include <IRremote.h>

int SwitchBUTTON_PIN = 13;  //タクトボタン

IRsend irsend;

void setup()
{
  Serial.begin(115200);
  pinMode(SwitchBUTTON_PIN, INPUT_PULLUP);
}

int lastButtonState2;
void loop() {
  //////////////////////////////////////////////////////////
  // If button pressed, send the code.
  int buttonState2 = digitalRead(SwitchBUTTON_PIN);
  if (buttonState2 == LOW && lastButtonState2 == HIGH) {
    Serial.println("SwitchButton Pressed, sending");
    //2FD946B //丸ごとチャンネル
    //2FD807F //chanenl 1 
    irsend.sendNEC(0x2fd946b, 0x20);
    delay(500); // Wait a bit between retransmissions
  } 
  lastButtonState2 = buttonState2;
  //////////////////////////////////////////////////////////
}

ちなみに上記コードの2FD946B 丸ごとChは下CT-90475(REGZA純正リモコン)の左上にある
ボタンを意味しています。
互換リモコン買ったんですがこのボタンが実装されてなくてならば作ってしまえ!
ということでこの記事書いてます。