饂飩コーディング

iOSアプリやら、Unityやら、Cocos2dやらごにょごにょ書いております

esp8266(ESP wroom-02) を秋月電商の通販で買ってみた ハンダつけたりIDE設定してみたり Lチカしたり

f:id:appdeappuappu:20200521150842j:plain
wroom02
akizukidenshi.com

f:id:appdeappuappu:20200521150921j:plain
ピッチ変換基板
akizukidenshi.com

f:id:appdeappuappu:20200521151255j:plain
USBシリアル変換モジュール
akizukidenshi.com


購入したのは上記三点!
注文から中3日で手元に届きました。AmazonPrimeに慣れていると遅く感じますがコロナの影響もあるし
そのくらいが普通ですよね。

でお値段!
Wroom-02(ESP8266) ¥250
ピッチ変換基板        ¥120
USBシリアル変換モジュール  ¥850

USBシリアル変換モジュールを別にすると¥370円!!これでWifiにつながってArduinoっぽく使いまわせる。
ならお得かもですね。
秋月で大量買いするほど電子工作に慣れていないので送料¥400円を電車賃と考えるとそれはそれでOKですかね。

早速ハンダ付け!ハンダ盛りすぎましたもっと少なくていいみたいですね。

f:id:appdeappuappu:20200521153627p:plain
ハンダ下手すぎ

とりあえず、ATコマンドで通電確認しました!
シリアルモニタからAT+GMRでモジュールのバージョンが表示されていたのでOKでしょう。
(マルチテスター持ってないのでそもそも通電確認したことがないw)


回路の繋げ方等々はこちらの記事を参考にさせていただきました。
めちゃ整理されてて色々検索してたんですが、一発目でこちらの記事にぶち当たりたかったw

sucher.net


ここで少し疑問が・・・
今回購入したUSBシリアル変換モジュールはEsp8266が3.3V入力だったので
ディプスイッチで3.3Vと5Vを切り替えできると思って購入したのですが、なんと!

f:id:appdeappuappu:20200521160306j:plain
気になることが・・・

信号電圧が切り替えられるってだけでした・・・電源が3.3Vで出力できてるわけではなかった・・・
そのうちEsp8266が壊れるかもですね。まぁ安いしその時はその時で


それでは
Arduino IDE側の設定を!
環境設定で↓を
http://arduino.esp8266.com/stable/package_esp8266com_index.json
追加して→ボードマネージャからESP8266を追加インストールする。

ツール設定は以下のように!!

f:id:appdeappuappu:20200521161047p:plain
ツール設定

さてLチカのスケッチを以下の感じで書いてみましょう。

void setup() {
  // put your setup code here, to run once:
  //test
  pinMode(16, OUTPUT);
  Serial.begin(9200);
  Serial.println("Lチカ開始します");

}

void loop() {
  // put your main code here, to run repeatedly:
  digitalWrite(16, HIGH);   // LED ON
  Serial.println("On!");
  delay(1000);              
  digitalWrite(16, LOW);    // LED OFF
  Serial.println("Off!");
  delay(1000);              
}

コンパイルしてみると!!!!
コンパイルエラー!発生!!????
Python3で鍵使って署名してるみたいなんだけどその時のリンクが見つからないとか
ウンタラカンタラ・・・

解決方法は
github.com
小一時間ネットをさまよって、サラーっと読んでたら!あ!!!これじゃん!って
本当Github最高!


さてESP8266の書き込みモードは
www.switch-science.com
↑ここにあるように、
「モード切替ボタンはIO0番ピンにつながっています。ボタンを押すとIO0がLOW、放すとIO0がHIGHになります。IO0がHIGHの状態でリセットされるとファームウェアの実行モードで起動しますが、IO0がLOWの状態でリセットされるとファームウェアの書き込みモードで起動します。」

ということなので、
1、リセットボタンを押したままにする
2、IO0ボタンを押したままにする
3、リセットボタンを放す
4、IO0ボタンを放す
で書き込みモード突入!
5、IDEから実行バイナリを書き込み
6、リセットボタンを押して放してプロブラム実行モードにする


無事にコンパイルできたんで、ESP8266に書き込んでLチカできました!

あとでこのブレッドぼーどをユニバーサル基板作り直しておこうか
考え中。