饂飩コーディング

iOSアプリやら、Unityやら、Cocos2dやらごにょごにょ書いております

格安SIMに変えてみようか考えてみた。うん!やってみよう!(1)

そろそろSoftbankで契約しているXperiaZ3(無印)の7月に2年契約が終了を迎えます。
今は2月なんでまだ早いといえば早いんだけど準備がてらまとめてみました。

Softbank過去数カ月の支払額はこんな感じ。だいたい¥7,500位かな〜
格安SIMで月々¥3,000以下になれば嬉しいかな。
f:id:appdeappuappu:20170203104506p:plain


さて軽く、ググってみても結構格安SIMの世界はいざ契約まで具体的に考えると結構敷居が高いです。自分的にポイントを3つにまとめてみました。

1、月々の費用
2、実際の回線速度
3、端末

月々の費用は¥1,600円からって感じで考えてますが、これは無料通話料を含んでいないので
着信のみの方以外はかけ放題とか5分かけ放題とかガラケーSIMを使うとかガラケー2台運用とか
考えないといけないみたいですね。

実際の回線速度は、比較サイトがあるのでそちらでどんなもんか把握するのがいいんだろうけど、
雰囲気的に、格安SIMは昼間がとてもネットのスピードが遅いみたいです。
比較的ネット上で高評価なのはUQMobileとかmineo(aプラン)です。データ通信SIMでmineo(a)使ってるんですが今の所、昼間でも大した不満がないので、あまり自分みたいにネット速度に鈍感な人は極端に評判の悪い格安SIMを選ばない限りなんとかなりそうですね。(←あくまでも私的な意見です)

端末が一番悩みます。
iPhone7は高い。¥80,000位 なんとなく自由度が低い。MicroSDを使えない
となるとAndroidなんですが、これまた沢山の選択肢がありすぎて迷う。
自分の場合はAsusのZenfon3にしよかと思っています。店頭で触ってみて今使っているXperiaZ3と比較して動きもストレス感じないってだけでこれが第一候補になりました。
Zenfon3はミドルレンジに分類されるので自分にぴったりです。3Dぐりぐりやるゲームいつもやってる人ならiPhone7の方が安心ですね。


次のblogでは少しお金の計算をしてみます。