饂飩コーディング

iOSアプリやら、Unityやら、Cocos2dやらごにょごにょ書いております

Blender→Unity Object import の向き

f:id:appdeappuappu:20140620094223p:plain
↑大きな画像はUnity、小さい画像3つはBlender

BlenderモデリングしてUnityに持っていく場合、両アプリケーションでは軸が異なっておりそのまま持っていくと、あれ?という感じになってしまう。右手と左手の鏡像関係ににている。


そこで自分の場合は画像の様にそれぞれのアプリケーションで軸を仮に表示させておいて、猿の顔がBlenderで奥向きならUnityでは手前向き!ということにしました。ここで保存してUnityで取り込む。


自分なりの方法
以下の様に方向をそれぞれのアプリケーションでだいたい同じになるよう画面をグリグリ回す
Unity f:id:appdeappuappu:20140620094956p:plain
Blender f:id:appdeappuappu:20140620094846p:plain

後は、猿の顔の場合、Unityで顔を手前に表示させたいのならBlenderで奥向きにする(z軸方向に顔を向ける)。


↓自分の場合しばらく悩んだ
後、Blender側でのGlobalとLocalでRotationとScaleが一致してない場合がかなり重要で一致させないままUnityに取り込むとScriptからAnimaitonさせた時に思いもよらない方向に動いたりするので必ずUnityに持っていく時はCtrl+A(Blender Object Mode → Object Menue →Apply→Rotation & Scale)をしてGlobalとLocalを一致させておきましょう。